「湯の丸」から
100人のトップアスリートを生み出す!

ABOUT首都圏近隣の
高地トレーニング施設
「GMOアスリーツパーク湯の丸」

長野県東御市は、標高1,750mの湯の丸高原内に「高地トレーニング用プール施設」建設のため、
日本水泳連盟とともに誘致活動を推進してまいりました。

トップアスリートは様々なリスクを負いながらも、競技力向上のため、海外での高地トレーニングに臨んでいます。
安心・安全な国内での練習環境が整えば、高地トレーニングもより多くの選手に取り入れられ、
選手個人の競技力向上はもとより、選手層強化にもつながっていきます。

東御市は水泳施設だけでなく陸上施設、屋内運動施設、宿泊施設を含む「湯の丸高原施設整備基本構想」を推進し、
スポーツ選手の応援と地域の発展を目指します。

SUPPORTご支援をお考えの方へ

GMOアスリーツパーク湯の丸(湯の丸高原スポーツ交流施設)は一般企業の皆様からの寄付金、
ならびにふるさと納税によって成り立っています。
当施設への支援をお考えの方に特設サイトをご用意しましたので御覧ください。

支援サイトTOPへ