PHILOSOPHY当施設の理念・想い

「湯の丸」から
100人のトップアスリートを生み出す。
日本人アスリートのための、
日本の高地トレーニング施設です。

高地トレーニングは、酸素の濃度が薄い高所でトレーニングをして、心肺機能や筋肉の機能を向上させて総合的に運動パフォーマンスを向上させるものです。日本のトップアスリートたちも、アメリカなど海外の高地に赴き練習を重ね、好成績を残しています。ただ、費用はかさみますし、移動や異国での生活のストレスといったリスクがあることも事実です。

「なんとか日本で高地トレーニングができないものか? しかも、どこからでも楽に行ける場所で」そんな要望に応えたのが“GMOアスリーツパーク湯の丸(湯の丸高原スポーツ交流施設)”です。日本の中心に位置する長野県の東御(とうみ)市にあるので、東からも西からも無理なくアクセス可能。東京との距離は約200km。北陸新幹線や上信越自動車道が利用ができ、移動時間は最短で2時間30分です。

“日本人アスリートは日本で育てよう”。日本陸上競技連盟や日本水泳連盟など競技関係者のかねてからの想いを受けてできた、この“GMOアスリーツパーク湯の丸”。もちろん近々の目標は、“東京オリンピック・パラリンピック”です。できるだけ多くのメダリストを輩出するために、日本でいちばん高い所にある400mトラックをつくりました。標高1,750mの高地トレーニング用プールは日本初のものです。その他、いろいろなトレーニングメニューが組めるバリエーション豊かなランニングコースやトレーニングルームなど、メダルを目指すアスリートたちのバックアップ体制は万全に整っています。

日本でいちばん高い所にある
400mトラック。
標高1,750mにある
50mプールは日本でここだけ。

高地トレーニングが行われるのは、標高1500~3000mの高所です。標高が高い場所は酸素の濃度が薄いので、人間のカラダは酸素を取り込みにくくなり、血中の酸素濃度が低下します。すると、カラダは酸素濃度を確保するために、体内で赤血球数やヘモグロビン、ミオグロビンの濃度を増やすのです。このカラダの適応能力を利用するのが高地トレーニング。血液中の酸素を体内に運ぶ能力と、筋肉内で酸素を効果的に利用できる能力をアップさせます。これが持久力の目覚ましい向上につながるのです。

高地トレーニングといえば、アメリカ アリゾナ州のフラッグスタッフやコロラド州のボルダーなどが有名で、日本のアスリートがよく利用しています。また、ケニアのイテンは、世界から多くのトップアスリートが練習にやってくる“ランニングの聖地”。標高2300mの高地にあります。では、日本の高地トレーニングの施設は? 標高1000mの“蔵王坊平アスリートビレッジ”と、標高1200m~2200mの“飛騨御岳高原トレーニングエリア”の2ヵ所です。

そして、日本において第3の高地トレーニング施設になるのが、“GMOアスリーツパーク湯の丸”。長野県 東御(とうみ)市の“湯の丸高原”にある、陸上や水泳のトレーニングができる施設です。標高は1,750m。“1750”という数字は、専門家によると高すぎず低すぎず、アスリートが高地に馴化するのに適した高さとのこと。この最適地に、全天候型400mトラック(GMOアスリーツパーク湯の丸トラック)や800mの林間ジョギングコース、全長2500mのトレイルランニングコースをつくりました。400mトラックは日本でいちばん高い場所に位置するトラックです。また、屋内運動施設である50m特設プール(GMOアスリーツパーク湯の丸屋内プール)は我が国初の高地トレーニング用プール。8レーンで深さは2mです。“湯の丸から100人のトップアスリートを生み出したい”。そんな想いが施設全体にみなぎっています。

東信州を“アスリートたちの聖地”
にするために。
湯の丸、小諸、佐久、上田菅平が
タッグを組みます。

ここ東信州で充実した機能をもつトレーニング施設は、“GMOアスリーツパーク湯の丸”だけではありません。東御(とうみ)市の隣に位置する小諸市の総合運動場にあるのは、全天候型400mトラックを備えた陸上競技場。標高は1000mです。その隣の佐久市には佐久総合運動公園陸上競技場があります。これは日本陸上競技連盟公認の競技場です。陸上合宿やラグビーで有名な菅平高原は、東御市に隣接する上田市にあります。標高1400m付近にマラソンコースなど3つのコースを持ち、短距離ランナーは陸上競技場でのトレーニングも可能です。

高地トレーニングで効果が上がるのが、1500~3000mの標高だといわれています。“GMOアスリーツパーク湯の丸”の標高は1,750m、最適な高さです。ただ、高地トレーニングを始めて経験する選手やジュニアなどは1000m程の標高が適しているといわれます。また、最近では、高地と平地でのトレーニングを組み合わせたメニューも有効とされているのです。そんな様々なトレーニングのバリエーションに応えられるのが、ここ東信州エリアのトレーニング施設。湯の丸、小諸、佐久、上田菅平がタッグを組み、総合力でアスリートたちを支えます。

海外よりは国内。国内でも近ければ近いほどいい。
長野は日本のど真ん中。東京から3時間のアクセスです。

長野県は位置的に日本の中心にあります。関西からも関東からもとても近い距離。やはりアスリートにとって移動は大きな負担です。国内とはいえ、トレーニング施設は、近いに越したことはありません。“GMOアスリーツパーク湯の丸”は、東京からは約200km。車だと上信越自動車道で、鉄道は北陸新幹線を使います。大阪から車の場合は、中央自動車道・長野自動車道を経て上信越自動車道で。鉄道は名古屋経由でしなの鉄道を利用すれば便利です。首都圏から3時間以内のアクセスは、“GMOアスリーツパーク湯の丸”の大きな魅力といえます。

  • お車の場合
  • JRの場合